So-net無料ブログ作成

磐城棚倉 紅葉を見に行ってきました [旅行]

週末に磐城棚倉に紅葉を見に行ってきました。

金曜日就業後に郡山に移動、土曜日に水郡線で移動です。
水郡線は本数が少ないのでレンタカーで移動したほうが自由度が高いと思われます。

郡山から1時間程度で磐城棚倉に、そこから徒歩10分ほどで到着です。
建物はないのですが、本丸?を囲む堀が残っており雰囲気が良い感じです。
IMG_0455.jpg


天気予報では曇り、降雨の可能性有りだったのですが見事に晴れてくれました。
存分に紅葉を楽しませてもらいました。

IMG_0465.jpg


IMG_0526.jpg


棚倉は現在では特に有名な観光地ではないようですが、昔は奥州統治の上では重要な場所だったようです。
それを証明することになると思うのですが、陸奥一宮と奥州一宮が存在し、隣接する白河には「白河の関」と重要な史跡が存在します。

よかったら一度訪ねてみてください。

スポンサード リンク

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

【読書】悪党の裔 北方謙三 [読書]



北方謙三氏著作の「悪党の裔」を読了しました。
面白かったです。

鎌倉幕府打倒の際に播磨で戦った赤松円心を中心に、足利尊氏、楠木正成らの交流!を描いた作品です。
今まで読んだこの時代の小説は、それぞれの人物が当然ながら敵対関係という状態で描かれていたのですがこの作品ではなんと3者に交流があり互いを認めあっていたというように描かれています。

流石はハードボイルド作品の一人者というところでしょうか。

北方謙三氏はこの時代の著作が多く、管理人も「武王の門」「破軍の星」と読んで来ました。
いずれも南朝方の武将の物語で、政治に翻弄され散っていくさまが描かれています。

今回は当時現れた悪党という階層の赤松円心が主人公ということもあり、前記2作品のような政治に翻弄されることなく戦いを乗り切った主人公が描かれています。

後年円心の末裔が足利将軍を暗殺するという事件を起こすのですが、もしかすると赤松家は悪党という意識が連綿と受け継がれていたのかもしれません。

この時代で言うと佐々木道誉というバサラ大名にも興味があるので、次は「道誉なり」を読んでみようかと思います。


悪党の裔


悪党の裔(上巻) (中公文庫) [ 北方謙三 ]




悪党の裔(下巻) (中公文庫) [ 北方謙三 ]





スポンサード リンク

nice!(0) 
共通テーマ: