So-net無料ブログ作成

【読書】ドナ・ビボラの爪 (ちょっとネタバレするかもしれません) [読書]



宮本昌孝さんの本は初めて読みましたが、率直に面白かった というのが感想です。

本能寺の変を織田信長の正妻「帰蝶」を軸にサスペンス風に書いた物語です。
上下2巻で構成されていますが、下巻では主人公の帰蝶は登場しません。
だけど...

そして驚きの結末!
本能寺の変、織田信長、明智光秀の関係にこんな解釈もあるのか? と思いました。
歴史好きの方には、是非読んでみてほしい一冊です。









スポンサード リンク

nice!(0) 

nice! 0